代理店マンのコアスキル2020

このあいだ久しぶり(っていうか1年ごとの行事なのですがw)に博報堂バーベキューに誘ってもらって行ってきました。

辞めて7年も経つのに誘ってもらえることが本当ありがたいっす。

ほんで今年入社の一年目フレッシュマンたちといろいろお話していたら、
ある部署の新人が「今はPythonとR勉強中です」というんですね。

その部署っていうのは、一応ややロジックよりというか、フロントの営業チームを
システムを回して出た結果でサポートする、というのが当時の役回りだったのですが、
あぁ、もうそこまで来てしまったか、というのがバーベキューでの一番の学びでした。

要するに、代理店マンに期待されるスキルって超乱暴ですが
創業期 購買
〜80年代 +創造
〜00年代 +企画
〜10年代 +測定
ときて、
〜20年代 はおそらく「分析と推定」になるんだろうなと。

これはデジタルに限らず、O2Oやオムニチャネル、CRMやらMAも含めた
かなり広義の統合マーケティングコミュニケーションということになるのでしょうと。

僕らが入社した2008年では、10個以上の先輩でデジタルメディアの「測定」を回せる人って本当少なかった。
それと同じパラダイムシフトが起こっていて、代理店の研修で最低限の統計学や確率理論を教えないといけない時代に差し掛かっている。
研修担当者がそれに気づいていればいいが、、、クライアントも勉強している人は増えますし。

いずれにしろ35からは意識的にアップデートしないといけない、そう思う日々です。