Tuning

いまコミュニケーション設計においては「チューニング」の時代なんだなぁとしみじみ思う。
サムネイルと数行のキャプションが全ての入り口の時代。